牧師紹介 Our Pastor

麦野達一 Tatsuichi Mugino

1969年 東京生まれ 鹿児島育ち
小5でトランペットに出会い、中学校でホルンに転向。高校でもホルンを続け大学では専攻する。
大学卒業後さらなる音楽の学びを志しアメリカへ渡るが、牧師への献身の思いが与えられ、神学校に進む。
鹿児島県立伊集院高等学校、玉川大学文学部芸術学科音楽専攻卒業
米国テキサス州のSouthwestern Baptist Theological Seminaryで神学と教会音楽を学ぶ。
帰国後は西南学院大学神学部で1年学んだのち、牧師となる。

2000年〜2008年 相模中央キリスト教会副牧師(青少年・音楽担当)
2008年〜2019年 伊集院キリスト教会主任牧師・伊集院幼稚園副園長・園長
2019年〜 福岡西部バプテスト教会牧師

西南学院大学非常勤講師(キリスト教音楽・教会音楽)
日本バプテスト連盟ホームレス支援特別委員会委員長
ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)理事
社会福祉法人シオンの丘 愛の園保育園評議員
学校法人若松神愛学園 神愛幼稚園理事
学校法人西南学院理事

家族は妻と3人の息子と2人の里子
趣味はスポーツ鑑賞、CD収集、ホルン演奏、サイクリング(Cannondale CAAD10)

Facebook
Twitter

今週の巻頭言

2022年12月4日

アドベント

先週からアドベント(待降節)に入りました。6世紀ごろからクリスチャンはクリスマス前の日々を数えるようになりました。当時、教会会議がクリスマス前の4週間を「待降節」と制定し、信仰者を断食と祈りに招きました。アドベントはラテン語の「来る」という意味で、イエス・キリストがこの世に来臨した意味を思い巡らしながら、救い主の降誕を祝うクリスマスに備える期間になっています。アドベントは11月30日に一番近い日曜日から始まり、この期間にはアドベントクランツを飾りますが、そのキャンドル1本ごとに意味があるのをご存知ですか?4本のキャンドルはアドベントの各週の意味を象徴しているのです。

 1本目「約束のキャンドル」アブラハム、イサク、そして他のイスラエルの人々への神の約束を表します。彼らの子孫を通してその日に全ての人々が祝福されるのです。

 2本目「預言者のキャンドル」偉大なる祭司であり、預言者であり、王である来るべき救い主を預言したイスラエルの預言者たちを表します。

 3本目「バプテスマのヨハネのキャンドル」イスラエルの民に救い主がじきに来られると告げた、バプテスマのヨハネを象徴します。

 4本目「マリアのキャンドル」救い主が生まれる。と天のみ使いが告げた良き知らせをマリアが信じて喜んだことを思い起こします。
 このように4本のローソクにはそれぞれの意味があります。この意味からキリストに表される神の救いは、はるか旧約の時代から続いていたことを思い起こさせてくれます。

 そして実は5本目のローソクがあるのです。「キリストのキャンドル」です。ヨーロッパなどではクランツの真ん中に5本目のローソクを置くそうです。そしてその中心に置かれたキリストこそが「世の光」であることを皆が知ります。

 3度目のコロナ禍の中でのアドベント。ワクワク感は普段より小さいかもしれませんが、キリスト誕生の喜びは変わりません。むしろこのような状況だからこそ、キリストが生まれてくださらなければ希望がない、のだと思います。この希望の喜びに向けた一歩一歩を祈りとともに進みましょう。