牧師紹介 Our Pastor

麦野達一 Tatsuichi Mugino

1969年 東京生まれ 鹿児島育ち
小5でトランペットに出会い、中学校でホルンに転向。高校でもホルンを続け大学では専攻する。
大学卒業後さらなる音楽の学びを志しアメリカへ渡るが、牧師への献身の思いが与えられ、神学校に進む。
鹿児島県立伊集院高等学校、玉川大学文学部芸術学科音楽専攻卒業
米国テキサス州のSouthwestern Baptist Theological Seminaryで神学と教会音楽を学ぶ。
帰国後は西南学院大学神学部で1年学んだのち、牧師となる。

2000年〜2008年 相模中央キリスト教会副牧師(青少年・音楽担当)
2008年〜2019年 伊集院キリスト教会主任牧師・伊集院幼稚園副園長・園長
2019年〜 福岡西部バプテスト教会牧師

西南学院大学非常勤講師(キリスト教音楽・教会音楽)
日本バプテスト連盟ホームレス支援特別委員会委員長
ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)理事
社会福祉法人シオンの丘 愛の園保育園評議員
学校法人若松神愛学園 神愛幼稚園理事

家族は妻と3人の息子
趣味はスポーツ鑑賞、CD収集、サイクリング(Cannondale CAAD10)

今週の巻頭言

「私の人生訓」

 

  先週我が家に来られたお客様と家族全員で話しをする機会がありました。子育てに関する話題が中心だったのですが、話しの中で子育てをする際に大事にしていたことは何か、ということを聞かれました。

 
 聞かれた義父は少し考えた後、自分の部屋に行って何かを取ってきました。持ってきたのは聖句が書いてある札でした。そこに書いてあったのは、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」Iテサロニケ5:16〜18の聖書の言葉です。義父は子どもの頃からこの言葉を自分の人生訓として大切にしてきたし、なかなかこの言葉の通りにはできないのだが、子育ての際もこの言葉を大事にしてきたつもりだと語りました。

 
 次に妻が聞かれました。妻があげたのはローマ12:15「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。」です。この言葉を胸に子どもに寄り添ってきたことを伝えます。

 
 すると当然のように次は私の番です。私は「互いに愛し合いなさい。」というヨハネ13:34をあげました。そしてこう付け加えました。「でもこの言葉には前提があります。それは『私があなたがたを愛したように』というイエスの言葉です。私たち人間の愛にはどうしても限界があります。だからイエス・キリストがまず自分が愛するからあなたたちもそのように愛し合ってごらん、と勧めてくださるのです。」

 
 その言葉をじっと聞いていたお客様はポツリと「私が愛するからあなたも私を愛しなさい、ではなくて、互いに愛し合えなんですね」とおっしゃいました。おそらくクリスチャンではないその方の聖句に対する反応が逆に新鮮で、なるほどそのような捉え方もあるのだなと教えられました。

 
 みなさんにも人生訓にしている大事な言葉があるでしょうか?これを読んでいる多くの方は信仰者でしょうからおそらく大切にしている聖書の言葉があるでしょう。その言葉に励まされ、癒され、誤りを正され導かれるのが信仰生活の醍醐味です。まだ見つかっていない方、この機会にぜひ探してみませんか?あなたにとっての大切な聖書の言葉を。