牧師紹介 Our Pastor

麦野達一 Tatsuichi Mugino

1969年 東京生まれ 鹿児島育ち
小5でトランペットに出会い、中学校でホルンに転向。高校でもホルンを続け大学では専攻する。
大学卒業後さらなる音楽の学びを志しアメリカへ渡るが、牧師への献身の思いが与えられ、神学校に進む。
鹿児島県立伊集院高等学校、玉川大学文学部芸術学科音楽専攻卒業
米国テキサス州のSouthwestern Baptist Theological Seminaryで神学と教会音楽を学ぶ。
帰国後は西南学院大学神学部で1年学んだのち、牧師となる。

2000年〜2008年 相模中央キリスト教会副牧師(青少年・音楽担当)
2008年〜2019年 伊集院キリスト教会主任牧師・伊集院幼稚園副園長・園長
2019年〜 福岡西部バプテスト教会牧師

日本バプテスト連盟青少年専門委員 ホームレス支援特別委員会委員長
ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)理事

家族は妻と3人の息子
趣味はスポーツ鑑賞、CD収集、サイクリング(Cannondale CAAD10)

今週の巻頭言

「感謝と恵みを蓄える時」 


 この数ヶ月あることを「していない」ことに気づきました。それはカレンダーに予定を書き込むことです。普段であれば教会や連盟、連合関係のさまざまな連絡が入り、それをいつ実施するかを相談した上で決定し、その決まったことをカレンダーに書き込んでいます。しかしステイホームが叫ばれ、可能な限り人との接触を避けなければならない現状では「新しいこと」も「突発的なこと」も起こりにくくなっていて、日々決まったことを淡々とこなす毎日です。

 
 いわば毎日が巣ごもり生活のような状況なのですが、そこから生まれる副産物もあります。あの有名な万有引力の法則を発見したニュートンは、英国でペストが猛威を振るった17世紀、ロンドンを離れて郷里の村へ避難した1年半ほどの間に、引力のほか、微積分と光学という画期的な発見をするのです。当時20代前半だったニュートンは学位を得たばかりで、ペストによって大学が閉鎖されたからこそ思考を深める時間を持つことができ、短期間に画期的な発見を3つもすることができました。

 私たちも現在はコロナウイルスによって「じっとする」時間を強いられていますし、長期化する中でそれは苦痛になりますが、むしろそれを「強いられた恵み」に変えたいと思います。この期間、神様とじっくり過ごすディボーションの時を持ってみましょう。(詩編37:7)そのために「日々の祈り」をぜひ活用してください。その中で主への感謝と主からの恵みを蓄えていきましょう。